高校留学

高校留学は生涯の助けになってくれる

先生

短期語学留学でも留学生同士仲良しになったりします。もちろん現地校へ留学ならローカルの方たちと交流ができて、アジア人との交流を嫌う人もいますが、英語ができる以外に、実際多くのひろがありがあるのが留学体験で、一過性の旅行ではなく、高校留学先で出会った人たちとの交流を続けられるのです。そして高校生の留学と違いますが、大学生は、在学中英語力をアップさせたいと思ってる方が増えていて、資格としてアピールできるようにすべきことにTOEICのスコアアップがあります。
また、2年以上海外に滞在して現地高校を卒業すれば、そのまま現地の大学へ進学資格を有することが可能で、優秀ならあのオックスフォードで学ぼうが自由。そして、帰国し進学する時でも帰国子女枠で大学に入れたりします。そして、決して大学入試が簡単になるのではないですが、幅広い選択肢をもてます。現実日本企業でありながら世界規模で動く企業の割合は増えて行って、経営陣は多国籍化になっていくはず。
このまま少子高齢化が進んでいけば、日本は世界で類を見ない超高齢化社会となります。やはり英語は大きな財産となります。その過程で他人とかかわっていくコミュニケーション能力なども鍛えられます。これからの人生自分の力でどうしようもない逆光に出会ったときの助けになります。

TOP