高校留学

高校留学でカナダはとてもおすすめの国

今の時期しかできない高校留学を行おうと思うなら、サポート体勢がしっかりと整っている会社にお願いするようにしましょう。貴重な経験だからこそ慎重に行うことが大切なのです。プロにおまかせすることでより充実度の高い高校留学を行うことができるので、ぜひ活用していくようにしましょう。

高校留学でおすすめは、カナダやニュージーランドで、治安が良くて、他にも教育レベルが高く、物価も安いなどあああり、各国からの留学生が多くて、いろいろな移民と触れ合えます。また、カナダは日本より班ジアも少なくて、先進国中治安がいいと人気ですそして、高校留学は1年間現地で英語を学ぶイメージがありますが、その形態はいろいろあって、その人のニーズに合わせられます。1年も日本の学校を休みたくない人は必見。高校生は夏休みや冬休み等ありますが、学校の宿題などに追われてあっという間にすごしてないでしょうか?ですが、高校生活は1回のみで、有意義に過ごさないともったいないです。もしも休暇中、予定がなければ、高校留学してみるのもよい方法。 休みを利用した短期コースもあったりして、期間が短いこともあって安く抑えられていて、十分すぎる体験もできると好評。冬休みより長い夏休みは留学の最盛期で、世界各国の方があつまって触れ合えます。1週間は短いですが、夏休みは2週間以上滞在することは可能で、勉強以外にレジャー環境が整っているのも夏だけ。その為教室から出て一緒にバーベキューなど楽しんでみてください。きっと一気に距離も縮まってくれること間違いないでしょう。

自分を変える海外留学

私はアメリカに高校留学していたのですが、それまでは海外とは無縁の生活をしていました。英語も苦手で、むしろ人と話すことも苦手だった私が高校留学を決めたのは、イジメにあっていたからでした。その上引っ込み思案だった私はそんな自分を変えたいと思い留学を決心しました。しかし現地の生活は想像していたもの程甘いものではありませんでした。
まともに英語を話せなかった私は、引っ込み思案という性格も重なり、頼る人もいない孤独感から、友達を作るどころか、ますます自分の殻に籠りそうになりました。毎日が地獄で、早く日本に帰りたいとさえ思っていました。しかしこれでは何も変わらない、何のために高校留学したのかと思い返し、まずは自分の知っている単語で友達を作ろうと思い、つたない英語で友達作りを始めました。
私が高校留学を勧めるのはここにあります。頼れる人が誰もいないということは、何かトラブルがあっても自分で解決するしかありません。日本にいるとともすれば逃げ道を作りやすいですが、高校留学先ではそれはできません。自分を見つめ、自分で考え、自分で行動するしかないのです。基本的なことですが、人として大切な力を私は高校留学で得たと思っています。
その努力もあって現地の友達が沢山でき、帰国する頃には英語も日常会話ができるレベルになり、日本に戻りたくないとさえ思うようになれました。そして高校留学のそんな努力ができた自分に自信が持てるようになれました。

高校留学に成績はそこまで関係ない

高校留学をする時に心配になるのは「自分の成績が海外で留学を認められるレベルなのか」ということでしょう。特に、英語の成績は日本で上位レベルじゃないと留学できないのかと悩まれる人が多いと思います。結論から言えば、英語を含めて学校の成績に関してはそこまで心配しなくても大丈夫です。高校留学をサポートしてくれる学校・企業は留学先の学校をいくつもリストとして所有しています。そのため、高校留学をしたい学生の学力に合わせた学校を仲介してくれるのが普通です。つまり成績が優秀でなくても、自分の学力に見合った学校に高校留学することができる状況は整えられているのです。
ただし、学校の出席不足や全ての成績が1であった場合は留学が断られる場合があります。逆に言えば、このような状況でない限り、高校留学ができる可能性は十分あると言えるのです。また英語の成績に関してもそこまで心配する必要はありません。英検準2級レベルの英語力があれば現地の授業にスムーズについていけますが、それ以下の英語力であっても現地の学校で英語の補習を行ってくれるので、授業についていくことは可能です。英語力に関してもそこまで心配しなくても大丈夫です。
このように高校留学をする際には、英語を含めて学業成績はそこまで重要視されません。「日本での成績が・・・」などと躊躇せずに、高校留学にチャレンジしてみてください。

TOP